日記

自然農法を学びに②

みんなで大急ぎでお昼ごはんを作り、食事をしに山へ向かいました。

山へ行く途中で、田んぼに寄り草取りです。

靴下、又はビーチサンダルを持参するように言われた理由がここで判明!!( ゚Д゚)

長靴では足が取られて身動き取れなくなる為です。

田んぼの様子
田んぼに生えた草

実際に田んぼに入ると・・・思った以上に深い!!

無農薬で栽培している水田には、このようにびっしりと草が生えます。

この草を両手でつかみ取り、泥を水中で振り落として土手に放り投げる・・・この作業のくり返しです。

戦前までは、このような作業が一般的だったのだろうと思います。昔の方々ってほんとにスゴイ!!

この作業は草取りと人が歩くことで地中に空気が入り込み、稲が大きく育つために大切な作業です。

近くの小川で手足を洗っていると、ザリガニやカワニナがいました。今では希少種の日本ザリガニだと思う・・・。

このあたり一帯は、無農薬有機栽培のため、たくさんの生き物が生息しているのでしょう・・。昆虫図鑑が欲しくなります。

カマキリ
カマキリ

(続く)